Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mfxaff.blog121.fc2.com/tb.php/15-6bb4d9bb

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Vol.66 自動車保険は必要な補償の確認を

自動車保険の更新の見積もりが来たら、
まずご自分に必要な補償は何なのかを確認しましょう。

1.自分のニーズを確認

基本的に自動車保険の補償には、自賠責保険の不足分を補償する「対人賠償」、他人のクルマや財物を補償する「対物賠償」、自分のケガを補償する「人身傷害保険・搭乗者傷害保険」、自分のクルマを補償する「車両保険」の4つの補償があります。
それ以外の補償は、オプションとなりますので、オプションが自分にとって本当に必要かどうかをよく見極めてください。

2.車両保険の付帯、見直し

車両保険は、これを付帯するかしないかで、
保険料が大きく異なりますので、特によく検討してください。
車両保険には、自分で車庫にこすったとか、
電信柱にぶつけたというケースでは補償されない
「エコノミータイプ」もありますので、
確認してみてはいかがでしょうか?

3.年齢条件、運転者限定特約などの確認

年齢条件によって保険料が大きく異なりますので、
年齢条件はよく確認してください。
年齢条件には通常「年齢問わず」「21歳以上補償」
「26歳以上補償」「30歳以上補償」「35歳以上補償」
といった区分があり、保険期間の中途で年齢条件の変更も可能です。
その場合、年間保険料の差額が返金されます。
最近では、年齢条件を設定しても、
友人・知人なら何歳でも運転できる内容になっている商品もあるので、
ぜひ年齢条件も確認しましょう。
また、運転者の範囲を限定すると
保険料が約3%~8%割引になります。
具体的には、「本人限定」や「本人・配偶者限定」
「家族限定」などがあります。

4.その他、免許証の色(ゴールド免許)で割引になったり、
自動車の使用用途によっても保険料が異なるので、その点も十分確認

損害保険会社各社は7月以降一斉に
自動車保険の改定を実施しています。

各社「よりシンプルに、わかりやすく」をコンセプトに
商品改定を実施していますので、
更新の機会によく保険の内容をご確認ください。

また、付帯サービスである「ロードサービス」も
各社充実させてきていますので、一度確認しておくと、
いざという時に便利ですよ。
-------------------------------------------


車やバイクを所有する人は必ず、自賠責保険に加入が必要です。それ以外に自動車保険に加入しておくと、万が一の事故の時に役立ちます。自動車保険には様々な割引などの特典があります。自動車保険を探すときに便利なのが、自動車保険の比較です。自分の車の乗り方に合った自動車保険を探すことができます。また、気になったら自動車保険見積もりをすることができます。自賠責保険は強制保険ですが、自動車保険は任意保険です。保険をかけることを嫌がる人もいますが、自動車保険は自賠責保険ではカバーできない部分を保障しています。自賠責保険は支払いに限度額があります。最近では自賠責保険の限度額ではカバーできない事故が多いのが現実です。自動車保険はそのために必要なのです。セコム損保
-------------------------------------------


おそらく広く知られている保険と言えば「生命保険」と、「自動車保険」ではないでしょうか?しかし、たくさんの種類がある保険の中でもほんの一部に過ぎません。 テレビのコマーシャルの影響によりこれらの保険を知っている人が多いのは紛れもない事実だとおもいますよ。 この数ある保険のうち、あなたは何種類の保険に入っているでしょうか? 自賠責保険で理解しておかなければならないのは「対人保険」であるということです。つまり、保険金の支払いがあるのは「他人」に対する損害だけになります。 しかしながら、これらは十分に補償が受けられるわけではないことをご存じでしょうか?これらは、必要最低限の補償しかありません。 任意保険に加入することが絶対に必要になってきます。なぜなら、事故などに遭遇しないとは限りません。充分な備えをしておきましょう。 任意保険加入の必要が迫られています。なぜなら、自分のけがなどの損害に関しては、一切補償を受けることが出来ないからです。 また、保険料に関してですが自賠責保険は車種ごとに一定となっています。しかし、任意自動車保険は保険会社や保障内容などの条件によって異なることが知られています。 自動車保険の任意保険に関しては加入する前に、事前に調査することをオススメします。自分に合ったものを選択しかしこく活用していくことが大切です。 等 検討 時 備える 安心 契約 保険 養老 人 時点 定期 生涯 決 見比べ 3つ 保険 一般 保険 生存 種類 契約 生存 保険 自分 貯蓄 保険定款 マップ 審議 渡航 フィット リンク 提携 金額 北米 市 方針 傷害 契約 騙る サービス ドリンク その他 交通 メイン 付き 引受 センター メンテナンス 安心 にあたって 留意 アリコ 診断 始めよ 停止 掛金 がんばれ 静岡 研修 岩手 申込 長期間 提供 減っ 三 年 ショッピング 損害 利用 可能 声 募集 度 方 実施 専門 大きく 来訪 万 保護 気圧 等 具体 校舎 指導 困っ 状況 等
-------------------------------------------


車を所有して、車を運転していくことは、とてもお金のかかることです。そこで、任意自動車保険に加入する人が、ドライバーのうち100%でないことは確かなことです。ただし、一旦事故が起きてしまえば、その事故において、自賠責保険の損害補償を超えた額を自費で支払える人はほとんどないと言えます。だからこそ、自賠責保険だけに頼らずに、任意保険に加入する必要があるといえます。ドライバーである以上、事故を起こす可能性は、どんなに優良ドライバーであっても、ないとは言えません。車を運転する人がみんな、万一の事故のことを考えて、任意の自動車保険に加入するならいいのですが、車の保険......ist 売却
-------------------------------------------


自動車保険の保険料は、ちょっとした工夫で安くすることができます。自賠責保険には割引などはありませんが、任意保険は工夫次第で安くできます。第一の方法は、事故を起こさないことです。これは自動車保険の保険料に限らず、だれもが気をつけていることだと思います。1世帯で2台以上の自動車を保有すると、自動車保険の保険料は高くなります。そのため、任意保険に入らない人も多いといえます。ところが2台以上の自動車がある場合は、工夫次第で自動車保険の保険料が安くなります。通常、自動車保険は6等級からスタートします。しかし2台目を買ったときに11等......シャリオグランディス 査定
-------------------------------------------


----------------------------------------------
【緊急告知】
もしあなたが、まだ示談交渉中なら、終了してしまう前にすぐご覧下さい!
↓↓
交通事故示談交渉術
慰謝料が数十万多く貰える可能性があります
----------------------------------------------


はっきり言って、自動車保険はややこしいです
2つあったり、それぞれ違う賠償金額の設定があったり・・・
ここで、自動車保険の仕組みを理解しておきましょう
自動車保険のことを理解しよう


自動車保険には、2つの種類があります
1つは「自賠責保険」
もう一つが「任意保険」です

簡単にいうと
自賠責保険は、国から加入が義務付けられている強制保険
任意保険は、運転者に加入判断を任せている保険です
どうして自動車保険は2つもあるの?


私もはじめは「なに?」って感じでした

通常、交通事故に遭うと、加害者に対して損害賠償請求が
出来るのですが、ほとんどが加害者が入っている保険で支払われます

そして、保険には二つの種類があります ←重要

その一つが自賠責保険(強制保険)です
自賠責保険とは、「自動車損害賠償保障法」という法律で加入が
義務付けられている強制保険です
自賠責保険って何?


交通事故に遭うと、加害者が入っている保険からお金が
支払われます

自賠責保険からと、もう一つが「任意保険」からです

任意保険とは、自賠責保険でカバーしきれない車の修理代や
膨大な慰謝料をカバーしてくれる保険です
任意保険って何?


これは事実です
なぜそういうことが起こるかというと

保険会社が提示してくる自賠責保険(強制保険)の損害賠償金額と
訴訟になった場合の損害賠償金額(弁護士会の基準、裁判所での基準)が
大きく違うからです
同じ事故の内容でも、損害賠償の金額に差が出るの?


相手(加害者)は一般的に2つの保険に加入しています
「自賠責保険」と「任意保険」です

まず「自賠責保険」について
相手の自動車保険からは、いくらまで出るの?


自動車損害賠償保障事業とは、

例えば、相手の車が車検切れだった場合や
自賠責に加入していない無保険だった場合に適用される保証のことです

ひき逃げのなどの場合もそうですが、損害を請求する相手がわからない場合や
相手に支払い能力がない場合があります
自動車損害賠償保障事業とは(相手が無保険の場合)


実体験者が作成した【初心者向け!交通事故解決専門サイト】

・示談交渉をはじめる時期や請求出来る項目と金額
・トータルの慰謝料の計算方法や、慰謝料を簡単にはじき出せる計算機
・自賠責保険・任意保険など自動車保険のカラクリ
・示談書をダウンロード出来るページ
・示談書を公正証書にする場合の手続き方法や公証役場の所在地
・むちうち症状(むち打ち、鞭打ち、ムチ打ち、ムチウチ)の場合の特別な計算式
・無料で交通事故の相談に乗ってくれる公共機関のご紹介
・弁護士や行政書士のHPと依頼する場合の注意事項
・週に何回通院しないと、通院期間として認めらないのか等の疑問集
交通事故の示談交渉で負けないための知識
-------------------------------------------


自動車保険は、自賠責保険とともに「自動車」という輸送手段の機械を人間が運転するために、事故等がおきたときに強制的に掛けられている自賠責保険の補償の補填を自動車保険=任意保険によって行うものですが、この自動車保険があるために「事故を起こしても大丈夫」と考えるドライバーを、一定数生み出してしまう点が欠点とされています。某ボクサーが、「車というのはぶつけるもんや」などと発言して、物議を呼びましたがその発言も自動車保険の存在無しには、有り得なかったと思われます。特に近年では、自動車保険の最も重要と思われる対人賠償保険・対物賠償保険苗度に関しては、「無制限」というのが当たり前になってきており、ドライバーが莫大な金銭的な補償の補填を受けるということが、これらの無責任とも言えるドライバー達(一部ですが)を作り出している、とも言えます。つまり、本来なら事故を起こしたドライバー(加害者側)が、事故の被害者に対して賠償すべき金銭的負担を、「自動車保険」によって肩代わりするために安全運転を心がける善良なドライバー(ほとんどの人たち)のみならず、暴走族などの安全得運転を心がけないドライバーや、重大な過失または故意に事故を起こしたドライバーですら、自動車保険の恩恵により、金銭的負担がかからず、金銭的ペナルティが無くなってしま得ことが懸念されています。これについては、「大いに問題がある。本来被害者に対しては、自らの財産で償うべき」所を、「自動車保険」を掛けることによって、「他人の命を、事故前ならば非常に安く購入できる」、というネガティブな面を自動車保険が持っていることは本質的には否めません。仮に、自動車保険が存在せずに事故の結果の全ての金銭的負担が、原因側の責任と帰すならば「ながら運転」や「あおり運転」、「危険運転」、「飲酒運転」などは、相当数減少するという意見があることも確かです。しかしながら、実際には自賠責保険で対応できない範囲の損害賠償や、後遺症などにかかる費用も含めて考えていけば、「被害者救済」が主体である自動車保険は、やはり「欠くべからざるもの」、であると言えます。自動車保険の、「運転者の事故に対する賠償金負担の軽減」という部分からのネガティブな意見もありますが、実際に「被害に遭われた方の、充分な治療や慰謝料が払われない場合を防ぐ」、という部分をポジティブに見ることも、必要ではないでしょうか。最終的な被害者救済は、必要です。また、「保険があるからいい加減な運転でもいい」とするドラーバーは、事故を起こしたら「無期限の運転免許証の剥奪」等の手段を考えるべきではないでしょうか。自動車保険の功罪はあるかと思いますが、最も弱者の被害者を考えるべきでしょう。
-------------------------------------------



[自動車保険 任意保険に関するサイト]投資競馬
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mfxaff.blog121.fc2.com/tb.php/15-6bb4d9bb

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。